建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

許されざる者

b0159567_1158192.jpg
'13年9月13日公開 日本映画、主演 渡辺 謙、監督 李相日

ほぼ20年振りに映画館に出掛ける、混雑するのは嫌なので平日を選んで出掛けたがガラガラなのには驚き。倉敷イオンのシネコンにも拘わらず客席は10%程度しか埋まっていない。ひょっとしてこの映画はスカじゃったんかもと不安がよぎるが、ここまで来てしまっていてはそれも後の祭。買わなかった方がましと思えるポップコーンを頬張りながら開演を待つ。(;´д⊂

明治維新後の北海道、人里離れた土地で子どもたちとひっそりと暮らす釜田十兵衛は幕府の命を受けて志士たちを惨殺してまわった刺客であった。幕府崩壊を機に各地を転々と流れ歩くようになり、箱館戦争終結を境に新政府の追手をかわして身を隠した。しかし、経済的に困窮する日々を送っていた彼はそこから抜け出そうと再び刀を手にする。

なんとなく主人公が「許されざる者」を成敗するようなスカッとした内容を期待していたのは大間違い。明治政府の正義、元士族達の正義、どちらかを善、どちらかを悪と線引されていれば観終えた時の気分も違うのだろうが、最後まで両方の正義が対立したまま終わるので重いことこの上無し。確かに立ち位置によって善悪なんてどうにでも変わってしまうのは理解できるが、こうやって見せつけられるとやはり重い。
[PR]
by agharta_u_design | 2013-10-17 12:26 | Movie