建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

島根県立図書館

b0159567_122055.jpg
設計:菊竹清訓+菊竹清訓建築設計事務所

松江の中心市街地にあるもんだからやたら一方通行が多くて、目の前に在るのになかなか辿り着けないという始末。それでも頑張ってナビをしてくれるiPhoneのgoogle Mapは偉い!それにしても平日だというのに利用者が結構多いのには驚いた。余り広くない駐車場は満車でどこに駐車するか困ったほど。あとから来られた地元の方の車の後を勝手に着いて行き、無事に駐車スペースをげとー!

独自のデザイン論である「代謝建築論 か・かた・かたち」によるデザインは、端正なリズムを繰り返す壁面と切り立つような屋根のコンビネーションが古さを感じさせない。内部も屋根のデザインがそのまま意匠に表されており外光を取り込むアトリウムに開放感を与えている。しかし、さすがにこの屋根を支えるのには当時じゃ鉄骨を使用するしか無かったのか。それとも見た目の軽さを表現するために鉄骨が使用されたのかは不明。

公共建築物なので遠慮もなくバシャバシャと撮影していたら地元の方に声を掛けられてしまった。注意されるものと思い、謝罪する準備をしていたらこの建物にまつわる色々な話を聞かせて頂けたのは幸い。この独特な屋根のお陰で、開館して当分の間は雨漏りに悩まされて補修が大変だったそう。こういう話はやはり地元の方でなければ知り得ない話しなので感謝。
[PR]
by agharta_u_design | 2013-05-13 12:26 | 建築鑑賞