建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ふたたび swing me again

b0159567_11574260.jpg
'10年11月13日公開、日本映画、主役 財津一郎、監督 塩屋俊

Jazz絡みの映画と言うだけで、オープニングを観るまで舞台が神戸、協賛かなにかで厚労省らしきお役所が嚙んでいるというのも知らなかった。観始めるとJazzというよりはハンセン病に軸を置いていそうな内容で、なるふぉどこれならお役所から協賛なり資金援助があったのも頷けると納得。(^_^;) まぁ、愉しめればそんなことはどうでもいいんだけどね。

大学のジャズサークルでトランペットを吹いている貴島大翔は、たった1枚のLP盤を残して忽然と姿を消してしまった“COOL JAZZ QUINTETTE”というジャズバンドに憧れていた。そして亡くなったと伝えられていた祖父がハンセン病療養所まだ生きており、祖父 健三郎こそが“COOL JAZZ QUINTETTE”のトランペッターだったと知る。そして退院した健三郎は50年前のバンド仲間を探したいと家を出て行ってしまうが、大翔も巻き込まれるようにしてこの旅に同行することとなる。

神戸が舞台だというのに誰一人として徹頭徹尾神戸弁どころか関西弁の喋りをしないのが最後まで違和感としてつきまとった。それでもバンドのラストライブのシーンはなかなか見物だったのは、楽曲の良さに助けられている部分も多いのだと思う。それとも25年振りにバンドを再開して現在も続けている自分の姿がオーバーラップしたのか。まぁ、可もなく不可もなくといったところか。(^_^;)
[PR]
by agharta_u_design | 2012-03-07 12:31 | Movie