建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー

<   2011年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

外構工事4

b0159567_1333017.jpg
擁壁工事4

無事に型枠撤去、出来型検査実施。実際、この時点で寸法に間違いがあれば取り返しの付かない事態となってしまうのだが、配筋検査時に粗方の寸法を確認している上、施工業者との信頼関係があるので良しとした。結果、なんの問題もなく無事に検査が終了出来たのは想定内といったところか。設計というプロセスにはクライアント様との信頼関係無しには成り立たない、同じくスムーズな工程を進めていく上では設計と施工との信頼関係も重要なものと改めて痛感。

さて、次に大事なのがコンクリートの打ち上がり状態。型枠のサポートを各段2本組んでいたので、予想通りコンクリートの膨らみは綺麗に抑えられており、見事。一番心配していたコンクリートの充填不足により生じるジャンカも無し、それどころか補修を必要とする状態の部分も一切無しというのは驚いた。建築と違って土木は大雑把という認識は見事に打ち崩された。(^_^;)

法面崩壊の安全対策の為に擁壁を設けたわけだが、その為に移動させた残土は大量な物。本来なら擁壁の底版部分と作業スペース確保程度の掘削でいいのだが、掘削・埋め戻しの作業効率を考えて11tダンプが搬出・搬入可能なスペースとした。これからは残土を満載した11tダンプが搬入の為にバックで敷地内を移動することになるので、事故が起きないよう細心の注意が必要。と、設計監理者として注意を促した。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-31 13:48 | Y様工場増築工事
b0159567_1734176.jpg
◆Hey!Blues Man Special Vol.2◆
日時:1/29(土) 開場18:30 開演19:00
場所:Desperado@岡山
出演:1Fuji☆2Taka
Okakura Soul Set
禁手乱発!Br.

いつもストラトキャスターを使っている1Fuji☆2Takaの若頭氏がレスポール+マーシャルという組み合わせに驚いたが、Okakura Soul SetのHide氏もいつものFender系のアンプと違いやはりマーシャルを。一体何があったというのだろうか・・・神様が私にもマーシャルのアンプを購入せいと仰っているのだろうか?(。。)☆\バキ

1Fuji☆2Takaの隠し球は女性ハーピストだった!いつものハードでタイトな演奏にちょっと泥臭さが加わった感じでかなりいい。何より強面の3Pバンドに女性がいるだけでかなり華やいで見える。う~みぃ、こうやってみるとやはり女性が居るか居ないかというのはビジュアル的にかなり左右される。うちも女性比率を増やしていこう!(。。)☆\バキ

Okakura Soul Set、バンマスのHide氏のblogに綴られているように「メンバーチェンジも視野に入れてのラストライブ」ということで、なかなか熱の籠もった演奏でバック・ステージにもびんびん伝わってくるほど。以前、お話しさせて頂いた時に「Jazz Funk」と申されていたので、そちらの方に大きく舵を切られるのかも知れない。どちらにしてもLive再開が楽しみなバンドであることには間違い無し。

禁手乱発!Br.、うちなのだがリハはベースとギター抜きの状態で。そのせいじゃないだろうと思うのだが、何故か妙に上がってしまってギターが弾けない。(笑) リハ終了後、近所の成田屋に出掛けて日本酒を2杯飲んで大分平常心に近づいた。(。。)☆\バキ まぁ、演奏自体は前回のMO:GLAほど上がる事もないし、ステージ上の音も自分のギターの音も良く聞こえて良かったような気がするのだが、これだけは録音を聴いてみないとなんともはや。(^_^;)

デスペの皆様、お出で頂いた皆様に心より感謝致します。m(_ _)m また、今回、企画にお骨折り頂いた1Fuji☆2Takaの皆様、快く参加を頂いたOkakura Soul Setの皆様、本当に有り難う御座いました。今後とも宜しくお付き合いの程を。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-30 18:02 | 音楽

Liveのお知らせ

b0159567_1217339.jpg
◆Hey!Blues Man Special Vol.2◆
日時:1/29(土) 開場18:30 開演19:00
場所:Desperado@岡山
料金:1,500円(要1ドリンク500円)
出演:1Fuji☆2Taka
Okakura Soul Set
禁手乱発!Br.
http://www.desperado-okayama.com/schedule.html

うちのバンドのボーカル たけちゃんから埼玉へ引っ越すと話を聞いたのは昨年の9月後半ぐらいだったかな? まぁ、アマチュア・バンドなんだからいつかこういう日も来るだろうと思っていたので驚きはしなかったが、せめてもう一度、岡山辺りの大きな小屋でLiveを行ってから送り出してあげたいとぼんやりと考えていた。1Fuji☆2Takaのtaka-changに相談したところ、企画して頂いたのが今回のLive。m(_ _)m

うちのバンド的には現在のメンバーでやる最後のLiveと思っていたら、なにやらOkakura Soul Setもこれを機会に半年間の充電期間を設けるそうで、あれこれと節目が重なってしまった模様。Okakura Soul Setならもとが上手いバンドなので半年後はグレード・アップして帰って来るだろうけど、うちだと今までの積み重ねが全て振り出しに戻りそうで真似は出来ない。(笑)

当日もあちこちで友人知人のLiveが被りまくっているようですけど、もし、お時間のご都合のよろしい方がいらっしゃいましたら是非ともお越し下されば幸いです。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-26 12:54 | 音楽

外構工事3

b0159567_1238285.jpg
擁壁工事3

やっとコンクリート打設。さすがに最大で高さが3.5Mもあるので、上部からのバイブレーターだけでは足らず下部の方でも人力でコンクリートの打ち込みを促す。これが木のハンマーで型枠を叩くだけ。(笑) しかし、これは実に有効な手法でこれ以外の方法を現在まで見たこと無し。ジャンカが出来るか出来ないかはこの方々に掛かっている。m(_ _)m

今回、このコンクリート打ちも土木会社の方々が担当。公共建築物等でコンクリート構造物は馴れているだろうから仕上がりに関しての不安は一切無し。まぁ、仮にコンクリートの打ち上がりが悪かった場合は、いつも補修してくれる会社があるので心配は無し。(^_^;) しかし、この補修、あまりやり過ぎるとコンクリートの質感を失うから諸刃の剣になりかねないので要注意。

本来ならこの時点で型枠検査をするのだが、今回は正確な寸法を確認出来ないので出来型検査に変更。まぁ、それだけ信用出来る施工会社というわけだ。一部上場ゼネコンの支店クラスと工事をしているような気分といえば言い過ぎか。(^_^;) まぁ、餅は餅屋、擁壁は土木屋さん、建築の私は図面は描いたけどあとは彼らのお手並み拝見とさせて貰いましょうか。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-25 13:13 | Y様工場増築工事

家猫

b0159567_14154457.jpg
アイシス ♂ 6歳

やはり長毛種だと寒さに強いのか昨夜程度の気温だと平気で布団の上で仰向けに寝てしまう。(笑) 夢でも見てるのか前足をピクンピクンとたまに動かしているのが可愛らしい。動画に撮影することも試みてみたが、そうなると前足を途端に動かさなくなる。何か気配を感ずるものでもあるのだろうか?(笑) 大抵の場合は根負けして撮影を諦めてしまう。

最近、新しい芸を覚えたようで、私が自宅に戻って玄関戸を開けるとお座りで待っていたり、慌ててどこかから走って玄関までやって来るようになった。以前、私がシャワーを浴びているとシャワーの扉の前にお座りをして私が出てくるのを待つようになった時、その姿が愛らしくてご褒美に鰹節をやるようにしたら、現在では鰹節をねだりにやって来るという本末転倒になったので、今回は心を鬼にして鰹節はやらないことに。(笑)

炬燵に座るとすぐにやって来て膝の上に来る。しかし、これが重い、暑い。微妙に足を動かして居心地を悪くしてやるのだが、どうやら余り関係ない模様。(笑) 30分ほど膝の上で寝ると満足したのか自分からどこかへ移動していくので、私の膝はアイシスの生活パターンに組み込まれているのかも知れない。(笑)
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-24 14:36 |
b0159567_12435987.jpg
とんかつ定食 1,000円

20年ぐらい前から倉敷中央病院に所用があるとたまに出掛けているのがこの温室の地下にある食堂。当時のお気に入りは3㎜ぐらいの厚みのステーキにケチャップが掛けられていた「ステーキ定食 1,000円」というものだったが、いつの間にかメニュー落ちしている。(;´д⊂ しかし、ノンアルコールビールなんてものがメニューに追加されているので久々に出掛けてみた。しかし、ノンアルコールビールってこういう場所で需要があるのだろうか?(^_^;)

運ばれてきたものを見るとなかなかなサイズでボリュームを感じさせてくれるが、肉の厚みは3㎜程度。カリカリのパリパリに揚げられているのでなかなかジャンクな食感で食べ始めはいいのだが、味噌とソースを合わせたような甘いソースがなかなかくどく感じてくる。ラスト2切れ程度になると肉の脂が冷えて固まってきているのはちょっと残念。好みによってウスターソースでもチョイス出来たらもう少し違った印象になっただろうと少々残念。

付け合わせの小鉢、味噌汁は可もなく不可もなく。ライスはなかなか美味しいしっとりとした仕上がりだったのがかなり好感触。また、ノンアルコールビールもみんながビールを飲んでいる時に一人だけ飲むのは嫌だけど、こういうシュチエーションで飲むのはなかなかOK。これなら食事と違和感も少ない。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-21 12:54 | 食物

外構工事2

b0159567_12363173.jpg
擁壁工事2

型枠を組んだりコンクリート打設するのに足場が必要な為、先行して底版のみコンクリート打ちを施工。立ち上がり部分と底版の打ち継ぎ部分からの漏水という心配もなきにしもあらずだが、この部分は土中に埋もれてしまう上、排水用の透水管を設置するようにしているので問題は皆無。

今回少し驚いたのが、この型枠をサポートするパイプの組み方に建築と土木では考え方の違いがあること。通常、建築ならこの程度の規模だと各段1段しか組まないだろうけど、土木の発想だとこれは各段2段組んでしまうらしい。勿論、1段より2段の方が型枠の膨らみを抑える効果が高いのだから文句言う筋合いはない。これは次回以降のコンクリート物件では採用。(^_^;)

それにしても今回初めて土木会社とご一緒させて頂いたが、根本の発想が既に違うのには驚いた。まぁ、構造上支障のない部分は手直しを要求しなかった部分もあるし、逆に今回のようにそこまでするのかと驚かされる部分もあった。さすが土木のプロ!、建築会社じゃこうは出来まいという部分はまた後ほど。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-19 13:24 | Y様工場増築工事
b0159567_12365641.jpg
'11/01/16 (Sat) 20:00~ 萌@笠岡

新年初Live、それもホームの萌、心地よい緊張感とともに「たけちゃん卒業Live笠岡編」は好調にスタート。今回はうちのレパートリーの中からたけちゃん自身がセレクトしたセットリスト。またそのうち2曲を小学6年生のブルースハーピスト綾乃ちゃんをゲストに迎えて。前回ちとハープのハウリングが気になったので、今回は事前にセッティングした甲斐もありハウリングは抑えられたんだけど、やはり普段のソロとは違いバンドでやるのは勝手が違うようで、実力を思う存分発揮して頂けなかったような気がして残念。

それにしても相変わらず曲と曲の間が空きすぎるグタグタのステージ運びだけはなんとか29日までに修正の必要有り。もっと進行にメリハリを付けないと演奏まで緊張感のないものになってしまいそう。それとレッド・キング、クリーンは好きなんだけどクランチさせると艶のない音色になってがっくり。こちらもアンプ共々再考の余地有り。

キンハベはいつも通りの安定した演奏で文句なし。iPhoneで録画してyoutubeにうぷしようと企てたが、イントロだけで3分超えたので断念。筋力の劣化老化が激しい為、3分超えるとiPhoneを持つ手がプルプル震えてしまう。(;´д⊂

ということで、萌のせっちゃん、気持ちよく前座をさせて下さったキンハベの皆様、小雪の舞い散る寒い夜にお出で下さった皆様、本当に有り難う御座いました。次回は29日(土)、デスペラード@岡山でやらせて頂きます。宜しかったらこちらもお運び頂ければ幸いです。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-18 12:53 | 音楽

つむじ風食堂の夜

b0159567_1255310.jpg
'09年11月21日公開、主演 八嶋智人、監督 篠原哲雄。

なんとなく「かたつむり食堂」みたいな映画を期待して借りて観たのだが、これが久々のモロB級映画でエンド・ロールを観てポカーンとしてしまった。(^_^;) 同監督の「地下鉄に乗って」「真夏のオリオン」は観て知っていたが、こういうB級な映画も撮られるのは知らなかった。まぁ、八嶋智人,月船さらら,下條アトム,スネオヘアー,田中要次,芹澤興人,生瀬勝久という錚々たる役者を仕立ててやるB級というのはある意味面白いかも。

懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。そこに毎夜集う常連客たち―月舟アパートメントに住んでいる雨降り先生の「私」、古本屋の「デニーロの親方」、イルクーツクに行きたい果物屋の青年、不思議な帽子屋・桜田さん、背の高い舞台女優・奈々津さん。風変わりな人々といたって普通の「私」―。馴染める訳もないはずだった「私」は桜田さんに“二重空間移動装置”という名の万歩計を売りつけられ、デニーロの親方には“唐辛子千夜一夜奇譚”という本を売ってもらう。そして、果物屋の青年と“宇宙の果て”について考え、タブラさんの息子と“エスプレッソマシーン”について懐かしみつつ、売れない女優の奈々津さんにお芝居を書いてほしいと頼まれる。そんな何でもないような、でもちょっとした出来事を積み重ねていくうちに「私」は過去の自分、そして未来の自分と次第に対峙してゆく・・・・・・。( チラシより )


正直、あらすじをどう纏めていいのか判らないのでばっさりと当時のチラシより引用。なんでも全編北海道ロケが敢行されており、「つむじ風食堂」の内部は実際のお店を借りて撮影されたそうだ。少なくとも映画の中で提供される料理はどれも美味しそうで食べてみたいと思わされてしまった。いや、そういうところを観るべき映画じゃないのは判っているのだが、他が余りにも印象に残らなかった。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-17 13:15 | Movie

外構工事1

b0159567_13223764.jpg
擁壁工事1

この工場の設計コンセプトは当初から「自然の中に溶け込んだ工場」ということで、山裾はなるべく自然のままにしておかれた。しかし、さすがに2.0~3.5M程度も敷地高低差が有れば、大雨とか地震等が単発でくる程度であれば今まで通り問題はなかろうが、さすがに両方一度に来る事態に見舞われると安全とばかりは言い切れない。災害というのは偶然の不幸が2~3重なった瞬間に起こるもの、というのが持論。(^_^;)

ということで、なるべく目立たないような格好で擁壁を設置することに。高さが2.0Mを超えると構造計算と確認申請が必要となるが、まぁ、安全を期して設置するものだから安全を期して構造計算をすることはやぶさかじゃなし。(^_^;) その結果がこの夥しい鉄筋の本数、底板の長さ。さすがにここまでやると偶然の不幸が2~3重なったぐらいじゃなんともなさそう。

擁壁の壁面には設計指針上水抜き穴を設けるようになっているので、土中に含まれる水圧がそこから逃げるようになっている。今回はそれ以上に底板付近に排水用の暗渠を設けて別途水圧を逃がすように設計してみた。まぁ、これが必要だったかどうかは判らないが、少なくともこれがあるお陰で偶然の不幸の連鎖の数が少々増えても充分機能してくれると思う、、、思う。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2011-01-14 13:53 | Y様工場増築工事