建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー

<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

CADILLAC RECORD

b0159567_1250451.jpg
音楽でアメリカを変えた人々の物語 '09/08/15 日本公開 アメリカ映画、主演 エイドリアン・ブロディ、監督 ダーネル・マーティン、製作総指揮 ビヨンセ・ノウルズ

シカゴ・ブルース好きのバンドのハーピストお勧めの映画、確か彼には「The Blues Brothers」のDVDも紹介して貰った。早速、レンタルに出掛けてみたのだが何処にもない・・・ひょっとして日本未公開の映画なのかと思っていたら、ちゃんと日本用の公式サイトまである、おまけに吹き替え版まで存在している。レンタルDVD屋の皆様、田舎のお店の品揃えをもっと充実させて下さい。(;´д⊂

'40年代、ミシシッピからシカゴに出てきたマディ・ウォーターズはリトル・ウォーターと出会う。そんな二人の演奏に惹かれた黒人音楽バーの経営者のレナード・チェスはチェス・レコードを設立し、彼らにレコーディングを勧める。やがて彼らの音楽は人種の壁を突き破り、ヒット曲としてラジオから流れるようになってきた。そんな彼らにチェスはご褒美としてキャデラックをプレゼントした。その後もチャック・ベリーやエタ・ジェイムズなどの所属アーティストが続々とヒットを続けるが、時代は次第に変わっていく。

単なる黒人の労働歌に過ぎなかったブルースが音楽として体裁を整え、やがてはR&RやR&Bへと姿を発展させていく過程の映画としては非常に面白かったが、物語としての映画とすれば内容がやや薄いのかな。もう少しドロドロとした人間くさい部分が描かれている方がいいような気がする。特にチェスの会社社長、プロデューサーとしての葛藤と情熱が描き切れていれば深みが出たような気がする。まぁ、この辺は人間性が浅い私が口だしするようなことじゃないんでしょうけど。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-29 13:25 | Movie

打ち上げ@萌

b0159567_13432451.jpg
'10/12/26 (Sun) 19:00~ 萌@笠岡

笠岡グランド・ホテルで毎年開催されていた「サマー・クリスマス」が行われなくなって、代わりに萌で仲間内のアマチュア、セミ・プロの忘年会も兼ねたLiveが行われるようになった。何故か桁外れに格落ちする禁手乱発!Br.も初回から参加させて頂けることに・・・最初はちょっと緊張もしたが、さすがに回を重ねると顔見知りとなり遠慮無く全開でやらせて頂くほど付けあがってしまっている。(^_^;)

どのバンドもしっとりとした日本語ブルースやオリジナルをやられている流れを断ち切っての爆音ブルース、というよりはJanis Joplinナンバー。(。。)☆\バキ 和気藹々とした客席を爆音でねじ伏せての演奏は立派というかKYというか・・・(笑) 特にドラムの弾け様は凄まじくPAを通していたボーカル以外の音が聞こえないという素晴らしさ。えぇ、自分の音もよく聞こえなかった。(笑)

まぁ、なんとか無事にトリのキング・ハーベスト・ハウス・バンドにバトンを渡せたのが幸い。しかし、25年間やり続けてきているバンドというのはやはり凄い!安定感とかグルーブなんてのは勿論、なにより音のバランスが素晴らしい。各ギタリストのソロがバックに埋もれることなくくっきりと際立っている。PA無しでこのバランス感は見習わんとおえんちゅう話ですね。やっぱりアンプは60wを持ち込めば良かった。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-28 14:02 | 音楽

設備工事1

b0159567_13403050.jpg
照明設備+給排気設備

照明設備の取り付けが始まり、それまで投光器で作業していた屋内にもやっと光が。(^_^;) 特に塗装工事をやってくれていた方々には暗闇の中で本当にご苦労を掛けた。塗装ムラや微妙な色違いの手直しを心置きなくやって下さい。(。。)☆\バキ いや、本当は二度手間になるので申し訳ないと思っていたのだが、照明器具が取り付いてから塗り始めるよりは手直しの方が工期を短縮出来るので苦肉の策。ご苦労掛けた。m(_ _)m

精密機器の組立工場ということで、埃等の侵入は好ましくないので第二種換気とした。常時強制給気することにより工場内を正圧として、工場内の空気は外へ流れ出るが逆に工場内には空気が流れ込まないという考え方である。給気排気とも機械による第一種換気とすればより高度の管理が出来るのだが、今回の規模ではそこまでの要求はなかったので見送り。

天井廻りの設備工事の目処が付けば、鬱陶しい屋内足場も解体出来る。これを解体しただけでも現場は一気に出来上がった感が漂い出すから不思議。それでも設備工事はこれからが本番、天井廻りの設備が稼働するように今度は床面での設備設置が始まる。設計監理者としてはこういう目に見える部分での工事はやり直しが何度でもきくのでむしろ安心して見ていられる。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-26 14:02 | Y様工場増築工事

トリオ食堂@倉敷

b0159567_18125075.jpg
貝汁+ちりめんおろし

江戸からの友人のお気に入りの食堂、値段も安い割にはボリュームが凄い、味は勿論、良し!(^_^) 何より朝の10:00から営業しているもんだから、飛行機で岡山入りした友人が真っ先に出掛けることも。(笑) まぁ、小食な私としては全部をまともにお付き合い出来るだけの胃のキャパがないので、毎回、ここでは控えめにこの貝汁とちりめんおろしを頂くのが恒例。(^_^;)

まぁ、浅蜊の旬の時期からは外れているので身が小さいのはご愛敬、だが出汁としてはしっかり頑張ってくれていてかなり美味しい。またちりめんおろしなんてものも有りそうで意外と何処にもはないので、貝汁ともどもここにやって来るとついつい手にしてしまう一品。お値段もこの二品でも400円でお釣りがくるぐらいリーズナブル。一度、とんかつと豚汁を食べにお邪魔したいというのが今の野望。(^_^;)

ちょっと定休日が気になってググってみたのだが、どこも「日曜日」と掲載されている。しかし、不思議なことに私が友人と出掛ける時には日曜日が多いのだが・・・? 仕方がないので、お忙しいのに迷惑を掛けると思いつつ定休日の電話確認をさせて頂くと不定休とのこと。なるふぉど、あちこちで掲載されている情報が間違っているのね。せめてここだけででも訂正させて頂きましょう。

トリオ食堂
住所:岡山県倉敷市有城593
電話:086-428-3590
営業:10:00~20:00
定休:不定休
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-25 18:33 | 食物

小山珈琲@倉敷

b0159567_17325874.jpg
ウィンナー・コーヒー+チーズ・ケーキ

いつも表の道路を通る度に気になっていたのだが、仕事でバタバタしていることが多いし、一人で珈琲を飲むというのもなかなか勇気が要るので行きそびれていた。(^_^;) 今回、江戸から友人がやって来て倉敷界隈で食べ歩きをしたので、その休憩スポットとして寄ってみた。

まず驚いたのが駐車場の広さ、ざっと見て20台分ぐらいは確保されているだろうか。街中の珈琲専門店とはいえど、この車社会、各自が車でここまでやって来て一緒に珈琲を楽しむというグループ客も多いのだろう。次に驚いたのが客層が結構高いこと、たまたまかもしれないが40歳以上ぐらいでどなたもなかなか優雅な生活をおくられているような雰囲気。そして一番驚いたのが「喫煙可」なこと、まぁ、私らグループ以外はどなたも喫煙されては居なかったのだが。(。。)☆\バキ

ブレンド、アイス、ウィンナーと頼んだのが、どうやらこの3種類はどれも使用する豆が違うのか、一杯ずつ丁寧に淹れられていたのが印象的。生クリームは甘さを抑えた軽い食感、甘さは珈琲の底に沈められている粗目糖で決める模様。余り甘いのを好まない方はかき混ぜないで飲むのこと。まぁ、最初から粗目ヌキで注文するという手もあるか。ちなみにチーズ・ケーキは同行者が食べた物なのでインプレは無し、美味しいと喜んで食べていたのは間違い無し。

ちなみに先日のVoice21の「洋食特集」に取り上げられた「洋食レストラン ミカサ」、小山珈琲のご近所なので帰り際に偵察に出掛けたら・・・満席状態で外待ちされている方も、、、こりゃ、年が明けても当分、近づけないかも。放送前に「メンチカツ定食」を食べに出掛ければ良かった。(。。)☆\バキ

小山珈琲
住所:岡山県倉敷市老松町3-15-4
電話:086-425-1572
営業:09:00~19:00(オーダーストップ18:30
定休:月曜日(祭日の場合は翌火曜日)
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-23 17:57 | スイーツ

内装工事3

b0159567_1231324.jpg
ボード貼り

残響を抑える為に天井には厚さ25mmのグラスウール・ボード、壁には厚さ12.5mmのプラスター・ボードを貼ることに決定。壁面のプラスター・ボードは横目地のみパテ埋めして塗装で仕上げることに。まぁ、当然、下地の軽量鉄骨にビス止めするので、そのビス穴もパテ埋めを行う。こういう地味な作業の積み重ねこそがより完成度の高い仕上がりを実現してくれる。

とはいえ、このビス穴、数えるのも面倒なくらい膨大な数になる。これをひとつひとつパテ埋めしてしごいていく作業というのは気が遠くなりそうだ。おまけに床がコンクリートの為に底冷えがするし、天井近くは足場に登らなきゃ作業が出来ないからスペースが狭いと散々。それでも文句も言わずにひたすら作業を続ける姿はまさにプロ。

しかし、こうやって思うと工事に拘わる作業で私が出来る物はひとつもないな。(^_^;) 以前も珪藻土の塗り壁の仕上げに櫛引を指定したことがあり、櫛引きのイメージを伝える為に自分でやってみたことがあったがとんでもないものになってしまった。(笑) まぁ、それでも職人さんはそれでイメージを掴んでくれて見事な仕上がりの物を完成させてくれた。まぁ、職人さんには図面が引けないだろうから引き分けということにしておいてやろう!(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-22 17:12 | Y様工場増築工事
b0159567_13332913.jpg
'10/12/18 (Sat) 20:00~ 萌@笠岡

キンハベ好きな友人がわざわざ江戸から遊びにやって来たので、栄清丸で軽く食事をしてLiveに出掛けることに。普段はキンハベと略されているが正式名は「キング・ハーベスト・ハウス・バンド」らしい。これはバンマスの小西氏が一時「キング・ハーベスト」というライブハウスをやっておられたことに由来するんだろうと思う。まぁ、そんな事とは関係なく井笠地域では有名な老舗バンド。

今回はEric Clapton好きな私や江戸からの友人がやって来たこと関係あるかないか判らないのだが、Eric Claptonナンバーをいつもより多めにやって頂けたような気がする。別にキンハベは好きなのでどんな曲を演奏してくれても構わないのだが、The Allman Brothers BandのIn Memory Of Elizabeth Reedを10分間聞き続けるよりはこちらの方が有り難い。(。。)☆\バキ

ということで、私がバンマスをさせて頂いている禁手乱発!Br.も来月、というか、来年1月にキンハベの前座を久し振りにやらせて頂くことになった。ご都合が宜しければ是非とも一度聴きにお出で下されば幸い。m(_ _)m

日時:01月15日(土) 20:00~
場所:萌@笠岡
料金:1,300円(1Dr付き)
出演:禁手乱発!Br. キング・ハーベスト・ハウス・バンド
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-21 13:51 | 音楽

武士道シックスティーン

b0159567_182167.jpg
'10年4月24日公開、主演 成海璃子、監督 古厩智之

それにしてもほぼ同時期に「武士道シックスティーン」「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」「シーサイドモーテル」に出演している成海璃子の売れっぷりの凄さには驚くばかり。 1992年8月18日生まれということなので、まだ高校生のはずだが、ちゃんと学校には通えているのか?と、どうでもいいけどちょっと気になる。(^_^;) そうか、私と同じ獅子座で誕生日も4日違いか・・・ギターも弾くのか。(笑)

今度こそ間違いなく「B級!」と祈るような気持ちで見たのだが、驚くほどまっとうな青春ドラマなので拍子抜け。(。。)☆\バキ なんとなく剣道をしている西荻 早苗が、剣道家の父を持つ磯山 香織に偶然にも試合で勝ってしまったことより話が始まる。磯山は自分に勝った西荻に自分と同じような視線で剣道に向かう様に練習を強要するが、西荻には自分にそんな才能も根性もないと尻込みする。そんな二人が剣道を通して成長していくお話し。

しかし、それにしても今回も成海璃子の役どころはえらい性格のキツイ少女を演じている。このキャラが定着しているのか?(笑) いくら獅子座といってもこんなキツイ性格の奴は見たこと無い。(^_^;) まぁ、助演の北乃きいの甘いキャラと対比されているんだろうけど。主演じゃない「シーサイドモーテル」でどんな少女を演じているのか興味津々。いや、女子高生に下心があるわけじゃないんだが。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-20 18:26 | Movie

内装工事2

b0159567_1311226.jpg
断熱材工事+気密シート工事

今回施工した屋根材のイソダッハ、壁材のイソバンドはそれ自体が断熱性能があるのだが、更なる断熱性能の向上ということで更に断熱材を施工することとした。設計当初はボード状の断熱材も検討したが、断熱材同士のジョイント部分に疑問を感じたので、最終的には現場施工による発泡ウレタンを吹き付けることにした。壁面で30mm、天井面で50mm、ということで総計で壁面が80㎜、天井が85㎜になる。さすがにこれだけあれば夏場の直射日光による室内の気温上昇、冬場の外気温による室内の気温低下は大幅に抑えることが可能だと思う。

また天井内の埃等が将来的に室内に紛れ込まないように天井面は全面気密シート貼りとし、ジョイント部分は気密テープで抑えるようにした。まぁ、この辺りの作業は24時間換気が義務付けられている一般住宅でも施工するので余り珍しい工事内容じゃないけど、実際にこうして施工されている状態を見ることはほとんどないだろうから貴重な画像かも。(^_^;)

しかし、ここまで来ると現場には建築だけではなく機械、電気の設備工事の方々も入り乱れるので、作業して下さっている人数も多くてなかなか景気が良くていい。そんな中でカメラ片手にウロウロしている私は正直一番邪魔な存在かも。まぁ、それでも私が「設計+設計監理者」なんだから諦めて貰わんとな。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-17 13:44 | Y様工場増築工事

生採り椎茸

b0159567_12585651.jpg
現場横の雑木林にある原木から直採り

普段は鍋物でもしない限り椎茸なんて食べる機会はないのだが、たまに奥津温泉道の駅に出掛けた折などよさげな椎茸があれば購入して焼いて食べる程度。勿論、市販のスーパーなんかで売っている物とは味も香りも断然良いから購入して食べていた訳だ。しかし、だからといってスーパーで売られているものを否定している訳ではなく、別に鍋物や煮物に入れられていても特に不満を感じることもなかった。

まぁ、この程度の思い入れしかない椎茸なんで、目の前で原木から採られて手渡されても頂いたことに感謝する気持ちは有れど、椎茸に対してはそれほど思いもなかった。まぁ、昼食前だったのでこれを焼いたり味噌汁に入れて食べればいいか、程度。しかし、実際、これを食べてみると香りも旨味も道の駅等で入手する物より数段以上に美味しい物であったのには驚いた。採り立て直後の物とそうでない物にここまでの香り、旨味に違いがあるとは恥ずかしながら今回初めて知った。

今から20年ほど前、松茸はやはり高級品だったがそれでも今ほどの値段じゃなかった。それがいつの間にか値段は高騰するわ、香りが余り良くないわでめっきり食べる機会も少なくなったし、食べたいとも思わなくなった。まぁ、昔並みに香りの高い松茸を買えない負け惜しみじゃないが、香りの少ない松茸に高い金を出すぐらいなら、こういう椎茸を食べる方が遙かに心が満たされるし酒もすすむ・・・いや、ただの負け惜しみかもしれん。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2010-12-15 13:29 | 食物