建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大晦日

b0159567_1235132.jpg
正月飾りとちらし寿司
子供の頃、大晦日といえばなんかワクワク感に満ちていたように思うのだけど、歳を経るごとにそんな気分とはほど遠いものになっていることに気づく。冬休み、クリスマス、正月のお年玉と享受する側とそうでない側でそこまで気持ちが変わってしまうものなのだろう。(笑)(。。)☆\バキ
年末に導入を余儀なくされたA1カラープリンター、Win7PCの設定も何とか終わった。それに伴い新しい役割を担うことになった残り3台のXPマシンも先ほど最終の設定が終わり、年明けの仕事から快適に作業できる環境が何とか無事に出来上がったのは嬉しい限り。
そんなこんなで何とか年末の大掃除、年賀状をやっつけて無事に昨日から正月飾りを。(^_^;) 今年も何とかギロギリに一夜飾りを免れたことは感慨深い。(笑) 今年は少し派手目でかわいい奴をチョイスしてみた。

今年はお正月にちらし寿司を採用してみた。昨年、栄清丸が作っていた物がえらく美味しそうだったので確認してみたら、今年からは自家消費分だけではなく一般にも受注生産を開始するというので思わず予約。(^_^;) そして本日、受け取りに出掛けたが、そのあまりにも豪勢なお姿に感動! さすがにこれぐらい盛られると「晴れ」のお正月としては景気がよくて(・∀・)イイ!! 
他にも年越しそばと煮鶏、タコわさを持ち帰っているし、近所の肉屋にお願いしてある焼豚があるのでおせちはもういらんかも。(^_^;) ってか、おせちって正月用の食卓の飾り物で本当に食べている人がいるかどうかの方が気になる。(笑)(。。)☆\バキ 年末に受け取って正月三が日、寒い場所に保存しているにしても鮮度が気になって手を付けられないただの小心者なだけだが。(笑)
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-31 13:08 | 雑談

シークレットLive

b0159567_1814151.jpg
12月27日 19:00~22:00 萌@笠岡
午後と夜の部、2回に分けられた忘年打ち上げLiveに参加させて頂いた。歳をくっているというだけで夜の部のOAを担当。(^_^;)
今年は月に一度は必ずLiveをするということで、1月はスプリング・カムカムの圧倒的な演奏を目の当たりにして立ち小便ダダ漏れのオリオンLiveからスタートし、回数を重ねるごとになんとかバンドも私もあまり緊張することなく出来るようになったと思う。(^_^;)
それでも今回は井笠地域の見知らぬ凄腕そうなミュージシャンの方々が半数以上客席に・・・ちょっとあがった。(笑) まぁ、録音を聞き直す限り思っていたより悪くなかったのでひと安心。(^_^;) キーボード担当は諸事情により全編を通してアコースティック・ピアノを弾き倒すという快挙を為し得たし。
いやぁ、気分的にネガティブな部分をひこずることなく、来年のバンド活動を開始出来ると思うと気持ちがいい。(^_^;)

禁手乱発!Br. Set List
01.Born in Chicago
02.Hoochie Coochie Man
03.Messin' With The Kid
04.Ain't Nobady Business
05.Someday after while
06.If I Had Possession Over Judgement Day
07.Everyday I have a blues
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-29 18:32 | 音楽
b0159567_12462737.jpg
申請方法の詳細発表
(1) エコリフォーム
a) 窓の断熱改修
○ ガラス交換・内窓の新設
ガラスメーカー又はサッシメーカーにおいて、個々の製品に対して、製品型番と製造番号を付した性能証明書※1が交付されることを前提に、申請書に次の書類を添付して申請を行います。(1.~4.は申請者が工事施工者から入手する必要があります。ただし、4.の写真については申請者が撮影することもできます。)
1. メーカーが発行する性能証明書(製品型番、製造番号及び大きさが付されたもの)★
2. 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号(許可業者の場合)、工事期間、工事内容等を記載)★
3. 工事施工者が発行する領収書
4. 工事現場写真(工事後に窓ごとに撮影※2)
5. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)
6. (代理申請を行う場合)代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

※1 ガラス及び内窓については、出荷時に原則として製品に性能証明書が添付されています。在庫品等で性能証明書が添付されていないものについては、工事施工者が必要書類をメーカーに郵送することにより、性能証明書が発行されます。
※2 ガラス交換又は内窓の新設を行った窓ごとに、当該窓全体が写るように撮影されたもの。(ガラス交換又は内窓の新設を行った全ての窓の写真が必要です。)

b) 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
申請書に次の書類を添付して申請を行います。(1.~4.については申請者が工事施工者から入手する必要があります。ただし、4.の写真については申請者が撮影することもできます。)
1. 卸業者等が発行する納品書又は吹込工事施工業者が発行する施工証明書(製品型番、使用量が付されたもの)★
2. 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号(許可業者の場合)、工事期間、工事内容等を記載)★
3. 工事施工者が発行する領収書
4. 工事現場写真(改修部位ごとに施工中の状況を撮影※)
5. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)
6. (代理申請を行う場合)代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

※ 断熱改修工事を行った外壁、屋根・天井又は床ごとに1枚ずつ、断熱材を施工していることがわかるように撮影されたもの。


c) バリアフリー改修
申請書に次の書類を添付して申請を行います。(1.~3.については申請者が工事施工者から入手する必要があります。ただし、3.の写真については申請者が撮影することもできます。)
1. 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号(許可業者の場合)、工事期間、工事内容等を記載)★
2. 工事施工者が発行する領収書
3. 工事現場写真(工事後に対象施工部位ごとに撮影※)
4. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)
5. (代理申請を行う場合)代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

※ バリアフリー改修工事を行った手すりの設置、屋内の段差解消、通路又は出入口の幅の拡張ごとに1枚ずつ撮影されたもの。

(2) エコ住宅の新築
  
a) 省エネ法に基づくトップランナー基準相当の住宅
申請書に次の書類を添付して申請を行います。
1. 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく登録住宅性能評価機関が発行するエコポイント対象住宅証明書等※★
2. 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号(許可業者の場合)、工事期間、工事内容等を記載)★
3. 工事施工者若しくは販売事業者が発行する領収書又は契約書の写し
4. 確認済証の写し
5. 検査済証の写し又は竣工写真(全景1枚)
6. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)
7. (代理申請を行う場合)代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

※ 1.のエコポイント対象住宅であることの確認書類として、次のもののうちいずれかを取得する必要があります。

b) 省エネ基準を満たす木造住宅
申請書に次の書類を添付して申請を行います。
1. 住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づく登録住宅性能評価機関が発行するエコポイント対象住宅証明書等※★
2. 工事施工者が発行する工事証明書(工事施工者の名称、住所、建設業許可番号(許可業者の場合)、工事期間、工事内容等を記載)★
3. 工事施工者又は販売事業者が発行する領収書又は契約書の写し
4. 確認済証の写し
5. 検査済証の写し又は竣工写真(全景1枚)
6. 申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)
7. (代理申請を行う場合)代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

※ 1.のエコポイント対象住宅であることの確認書類として、次のもののうちいずれかを取得する必要があります。

3.エコポイントの交換

住宅版エコポイントを利用して交換いただける商品等については、消費者の方々にとって魅力的なものとなるよう、以下のような商品等を中心に選定する方針です。
a) 省エネ・環境配慮に優れた商品
b) 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄付を行うなど環境配慮型のもの、公共交通機関利用カード)
c) 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品)
d) 環境寄附
選定に当たっては、グリーン家電エコポイントの交換商品を踏まえつつ、発行されるポイント数も大きくなることから、さらに交換対象を多様化する予定です。

*以上、国交省HPより抜粋。

という流れになるらしい。新築物件では「登録建物調査期間」「登録建物評価期間」に申請して、住宅事業建築主基準に係る適合証若しくはエコポイント対象住宅証明書を発行して貰い、申請窓口に提出するようになる。提出書類は下記の通り。
・エコポイント対象住宅証明申込書
・エコポイント対象住宅証明依頼書
・委任状(設計事務所等に申請を任す場合)
・仕様書(断熱材部材等の種類、寸法及び取り付け方法)
・各階平面図
・二面以上の立面図
・断面図又は矩計図
・基礎伏図
・各種計算書
・その他
これらの申請費用が「34,650円」。基本的には個人でも申請出来るだろうけど、申請時に専門用語が飛び交う恐れがあるので、それなりに勉強をしておく必要があると思う。リフォームに関しての窓口が記載されていないが、これもおそらく新築物件と同じ扱いになる予感。
また、「住宅エコポイント」に関しての説明会が国交省により1月から日本各地で開催される予定。岡山でも1月半ば過ぎに開催されるので出掛ける予定にしている。また、新しい発表が有ればご報告させて頂きます。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-25 13:25 | 住宅エコポイント関連

粕汁祭

b0159567_1248046.jpg
栄清丸@笠岡
メニューには無いのだが、いい大吟醸酒の酒粕が手に入った時だけ予約を受け付けて提供される。正直、いつ店主氏がいい酒粕を手にしているかは誰にも判らないので、実質的には半分は常連さんへのサービス・メニューのようなもの。まぁ、それでも予約の電話をしてみるのは損じゃないと思う。
前回は鮭のアラを用いた物なので不都合なく食べられたが、今回は鰤のアラとのこと。残念ながら鰤が食べられないので、鰤ヌキでお願いした。(。。)☆\バキ 一時はマニアの意向を受けて極端まで酒粕が濃い時期があったが、今は落ち着いて実にいい塩梅の酒粕加減。大根なんぞの酒粕と鰤の旨味をドンと吸い込んでほっくりと美味い。これだけで日本酒が1杯飲めてしまった。

カツ丼はお店の定番メニュー。この度は「笠岡ちゃんぽん」を作る日と重なっていたので、付け合わせの味噌汁の代わりに「笠岡ちゃんぽん」のスープにして頂いた。(。。)☆\バキ カツ丼はちょっとつゆだく気味なので、次回からは「つゆ少な目」の呪文を唱えることにしようか。(^_^;)
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-22 12:58 | 食物

MUSTANG

b0159567_13141324.jpg
'78年製Fender USA MUSTANG
最初は手持ちの'75年製MUSTANGか'77年製Stratocaster用にメイプル指板のネックをオーダーしようかと思っていたが、これがなかなか高い。(;´д⊂ それでどうしようか迷っている時に出会ったのがこの'78年製のMUSTANG。状態はお世辞にも良いといえる代物じゃなかったが、どうせ電気系統はピック・アップも含めて全て「Factoryひでちゃん」でやり換えるつもりだったのでげとー♪(^_^)
案の定、バラしてみると半田もボロボロ。だが、使われているパーツはそこそこの物だったので流用することにして、ピックアップのみ「レース・センサー・ゴールド」に交換決定。しかし、パーツ流用した為に「Factoryひでちゃん」的には半田の吸い取り作業が追加になりご迷惑を掛けることに。(笑) また、指板の清掃、再塗装という作業もさすが「Factoryひでちゃん」、綺麗に仕上げて頂き大感謝!\(^o^)/
組上がった物が左画像、今回はトレモロ・アームを殺さずに積極的に使用する設定。予想通りメイプル指板らしい乾いた明るい音色が実に気持ちいい。これをPrinceton RiverbⅡで鳴らしてやると、実に柔らかい太い出音となってかなりいい。年内一杯はこの組み合わせをメインで使用予定。(^_^)
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-19 13:33 | 楽器
b0159567_12335243.jpg
一部変更あり。
以前は「'10年1月以降に着工+補正予算成立以降に完成引き渡し物件」がだったが、ここにきて着工時期が住宅エコポイントが閣議決定した時期まで遡ることになった。「'09年12月8日以降に着工+補正予算成立以降に完成引き渡し物件」ということ。
対象となる新築住宅は「省エネ法トップランナー基準(省エネ法+高効率給湯器等)」「木造住宅で省エネ基準を満たすもの」。しかし、既に設計が始まっているものや、これから設計に掛かる住宅ならともかく既に着工している物件だとエコポイントより、仕様変更に掛かる費用の方が大変なんじゃないだろうか。当然、申請用の図面等を新たに用意しているとメリットがないかも。最初から省エネ基準を満たしている物件なんて結構少ないんじゃないかと予想する。
まぁ、詳細は画像をクリックしてみて下さい。お尋ねが有れば最寄りの建築設計事務所に問い合わせのメールや電話をすれば気軽に教えてくれると思います。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-16 12:52 | 住宅エコポイント関連

Live@無限舎

b0159567_13433654.jpg
12.11(金) pm20:00~
2月以来だから10ヶ月振りの訪問。今回も1fuji☆2takaのご一緒させて頂く。
前回のLiveでのエレキ・セットのダメージを残しながらのスタートは正直気持ちが重い。おまけにリハの時にセッティングしたアンプ、エフェクターが本番では最初から客席からダメだし満載。(;´д⊂ この前の悪夢が蘇る~!
それでも中盤以降はなんとか持ち直してダメ出しも減って一安心。(^_^;) 確かに録音を聴くと前半はギターの音が小さすぎ、他の音に埋もれてしまっておりましたわ。まぁ、この辺のセッティングの甘さも下手な証拠。
まぁ、個人的にはあずにゃんとRrinceton Reverb2を気持ちの良い音で鳴らせて終われたのは次回への前向きに頑張れる要素のひとつ。店長、ありがとう!(;´д⊂

1fuji☆2takaはいつもの安定した演奏と爆音でド迫力。(^_^;) やはり組長のドラムがバシッと決まっているからフロントマンのお二人が暴れられるんだろうな・・・いや、毎度の事ながら感服致しました。m(_ _)m

ということで、お忙しい中お出で頂いた皆様、本当に有り難う御座いました。m(_ _)m
なんとか無事に今年最後のLiveを終了することが出来ました。

禁手乱発!Br.セットリスト
01.The Core
02.Born in Chicago
03.Hoochie Coochie Man
04.Messin' With The Kid
05.Ain't Nobady Business
06.Someday after while
07.If I Had Possession Over Judgement Day
08.Everyday I have a blues
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-15 13:48 | 音楽

石井完治Live@萌

b0159567_12405733.jpg
予想通りというかなんというか・・・MC半分、演奏半分という凄まじさ!(笑) その演奏も半分近くは歌モノ・・・_| ̄|○ 今風のアコギ・インストもいいけど、やはり完治さんはJazzやBlues系のギターが圧倒的に格好いい♪ 今回もラストのインプロビゼーションが一番格好良かった。(。。)☆\バキ
来年には塩次さんのお弟子さんだった静沢真紀とアコギのブルース・アルバムを発表し、そのツアーでまたやって来て頂けそうなのが嬉しい♪(^_^) 彼女の演奏は一度、モグラで聴いたこと有るけどかなり良かったので楽しみ。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-11 12:43 | 音楽

住宅エコポイント始動!

b0159567_11523895.jpg
'10年2月より受け付け開始
省エネ性の高い新築、改築(断熱、開口部、バリアフリー)住宅に対してエコポイントが交付される模様。

具体的なポイント数(予定)
●断熱改修は16万P
●開口部は1枚あたり1.4万P~1.6万P
●バリアフリーはプラス14万P
●新築住宅50平米以上は30万P

運用開始は2010年2月から申請受付開始予定。
(2010年1月以降着工の新築物件、改築物件が対象)

昨日触れた建築基準法の緩和よりこちらの方がよほど景気対策になるかな。新築物件だけではなく改築物件も対象になっているのは素晴らしいと思う。新築物件だと笠岡市の方なら市の定住対策の100万を貰えばかなりお得な気がする。
ただ新築の場合だと、旧住宅金融公庫の「次世代省エネ」程度の仕様を求められるような気がするし、申請も各種図面を添付する必要がありそうな予感。まぁ、この辺りの図面は「瑕疵担保保険」申請時の図面を使えそうなので特に問題はないか。
どちらにしても1月着工分から適用ということなので、間もなく詳細が発表されるだろう。判り次第ご報告させて頂きます。m(_ _)m

*「建築四方山話」をクリックして頂けるとその後の「住宅エコポイント」関連のblogが読めます。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-09 12:06 | 住宅エコポイント関連

建築基準法緩和?

b0159567_1317413.jpg
政府与党案による景気対策の一環?
'06年の「耐震偽装事件」以降、一気に厳格化と言うよりは無駄な作業が増えた設計業務。特に木造住宅等の確認申請でも、国交省の相次ぐ朝令暮改の対応に追われて2週間ぐらい掛かることもざらだった。酷い所では1ヶ月以上も確認が降りないなんていう報道もあったぐらいで、住宅の着工件数は一気に落ちた。構造計算等を必要とする物は3~6ヶ月は当たり前に掛かっていたので、確認がやっと降りたらその間に資材等の高騰で工事予算が合わなくなっており工事中止なんていうこともあった。まさに官製不況が業界を襲った。
現在は建築業界だけではなく世の中が一斉に不景気な状態で、建築基準法の規制緩和をしても余り意味はないだろう。しかし、緩和するのであれば提出した構造計算書を審査機関が再計算する為に何十万もの申請手数料をクライアント様が負担しなければならないという仕組みは是非とも止めて貰いたい。構造計算料金が倍になってしまう上、挙げ句にそこまでしても構造計算書の責任は設計事務所持ちという信じられない仕組み。それなら最初から審査機関で構造計算をして貰いたいと本気で思う。
いっそのこと以前の状態に戻す方が自然だと思う。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-12-08 13:40 | 建築四方山話