建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽( 105 )

城山野外Live

b0159567_12531955.jpg
'13年05月05日 日曜日 11:00~17:00

Liveに出して頂くというよりはピクニックにでも出掛けるような浮かれ気分で参加させて頂いているが、昨年の己の姿に唖然として今年は日本酒禁止の誓いを立てて出掛ける。それでも現地についてみれば早速の酒宴状態。まぁ、それでも今年は比較的早い順番なので順調にビール、ワインで昼酒の練習開始!やはりこの季節のいい時期に野外で飲むアルコールは最高!

ということで、出番を迎えるが今年は取り返しの付かない過ちを犯すこと無く無事に終了!それでも毎年のことながら日を浴びているエフェクター類はどれが点灯しているのか判別出来ない、一部の曲でギターの音が出なかったり、出ていても音が異常に小さい箇所があったのは残念。さすがにこれはちょっと何か工夫を考えなきゃ厳しい状態。

そして無事にLiveも終了して恒例のセッション、なんでか私も誘われたような気がしてステージへ。演っている時は非常に楽しかったのだが、今から考えれば冷や汗モノ。正直、録音が残っていないのが幸い。普段ならセッションは誘われても断るんだけど、ホイホイと出掛けてしまったのは相当酔っていたんだろうと思う。いや、相変わらず今年も恥ずかしいことをしてしまった。(;´д⊂

ということでお出で下さった皆様、主催の萌のせっちゃん、PAを担当された中村さん、出演されたバンドの皆様、有難う御座いました。来年も宜しくお願い致します。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2013-05-07 13:13 | 音楽
b0159567_11452350.jpg
04月21日(日) 20:00〜22:00 萌@笠岡

今年二回目のLive、二ヶ月振りにドラムが復活してからは初めてのLive。やはりさすがに既に五年以上一緒にやってきたドラムが帰ってくるとバンド自体の雰囲気が変わるのは当然か。いやそれにしても相も変わらず派手な叩きっぷりだこと。(笑) いや、エレキに限らずアコギでもこの威勢のいいドラムがうちの身上。(^_^;)

なかなかやり手のSuper DogsのO.Aといだけで少々緊張気味のところへ、客席にショット・ガン・ビリーさんがいらっしゃるのが目に入り、脂汗が滲み出した。なんでわしらごときのバンドのLiveにビリーさんがいらっしゃるのよ!(;´д⊂ ポジションを見失ってミストーン連発だったけど、それが逆に力が抜けるきっかけになってくれて、なんとか40分を無事に終了。

お楽しみのSuper Dogs、出だしは少し緊張しているようで少々ぎこちなかったけど、次第に本領発揮。どっぷりスワンプに浸ったような雰囲気は、実は大好き。途中、ギターのぽんちゃんとセッションで「Key to the highway」を弾かせて頂いたのだが、実はこれが一番緊張した。途中から走って逃げたくなった。(。。)☆\バキ

ということで、今回も無事にLive終了! わざわざお出で頂いた皆様、萌のせっちゃん、Super Dogsの皆様、本当に有難う御座いました。これに懲りずにまたお付き合い頂ければ幸いです。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2013-04-29 12:10 | 音楽

有山じゅんじLive

b0159567_12254999.jpg
3月8日(金) 20:00~ 萌@笠岡

年末の中川イサト師匠と3月の有山さんのLiveは個人的に季節の風物詩となっているので外せない。毎週金曜日はバンドのリハなのだが、メンバーのご好意で日程変更して頂き、今年も無事に有山さんを拝める。(;´д⊂ '06年以降は欠かさずお邪魔させて頂いているので本当に楽しみだし、早目に出掛けてビールを飲みながらドライカレーを食べるのも楽しみ。(^_^;)

今回のセッティングは前回と同じMarthin O-17にデュアルモンドのピックアップとFender Vibrolux Reverbという組み合わせ。結構、トレブリーな音色になりそうな組み合わせにも関わらず、実にナチュラルでちょっとチープな音色には感動する。やはりこの辺りがプロの凄さなんだろう、私レベルじゃきっとまともな音にならないと思う。インストの様に爪先で弾かれるんじゃなくて、指の腹の使い方も違うんだろう。

そして有山さんの新譜、というかベスト・アルバムというか。(^_^;) Liveではお馴染みでもレコーディングされていなかった曲やあらためて録り直された曲が詰め込まれている。amazonで発売されたのを知り買い掛けたのだが、やはり有山さんが萌に来られた時に購入してサインを頂かなきゃと辛抱していた。お陰でポスターまで頂けて幸い。
[PR]
by agharta_u_design | 2013-04-01 12:47 | 音楽
b0159567_1125197.jpg
11月23日(金) 20:00~22:00 禁手乱発!Br.五周年Live そがんごねんでもえぇがな @萌

前日の3時間にも渡る通しリハもなんかイマイチの割りには緊張感も余り無いままにピンライブ当日を迎えてしまうというコンディションで不安もある反面、まぁ、なんとかなるじゃろという根拠のない自信が入り乱れる。気分的には目の前にうっすらともやが掛かっているような状況で実に不安定。(^_^;) かといって今更、ギターの練習をする気にもならないというのはどういうことか。(。。)☆\バキ

まぁ、終わってしまうとあちこちにゴミが残りはしたが、お出で下さった下さった皆様のご好意に助けられながら実力以上でも以下でもないありのまま内容で取り敢えずひと安心。それにしても毎度ながらグズグズとしたステージ運びが治らないのはどうしたことだろ。(笑) メンバー紹介もまともに出来ない・・・ちゅうかすでにそれがうちのバンドの持ち味として定着してしまっているようで怖い。

それにしてもよく5年も毎週リハをしながら続いてきたものだと思う。それもこれも毎回快くLiveをさせてくださる萌の店主氏、たいして上手いバンドでもないのに遊びにお出で下さる皆様のお陰としかいいようがない。それを糧にまた来週からリハを再開することにしましょうか。ということで、皆様、今後共宜しくお願い致します。m(_ _)m

Ag Set
01.Change the world
02.Bellbotom Blues
03.Key to the Highway
04.They're Red Hot
05.Messin' With The Kid
06.Desperado
07.Angie
08.Can't find my way home
09.Nobody Konws you
10.It's so easy
11.Come See About Me
12.Over the rainbow

Eg set
01.The Core
02.I shot the sheriff
03.Little wing
04.うじゃむじゃ
05.The Thrill Is Gone
06.Early in the Morning
07.Someday after(ペペ)
08.Benz
09.May be
10.Riding With the King
11.Tell the Truth
[PR]
by agharta_u_design | 2012-11-30 12:21 | 音楽

I'M A MAN 10

b0159567_11583735.jpg
10月13日(土) 19:30~ MO:GLA@岡山

SKULL R&R BLUES BAND
賛否はあるが、ゆきお氏がギターで参加するようになり好きなバンドになったのだが、今回はゆきお氏の代わりになんかロカビリーなリーゼントのギタリスト、おまけにドラムはツイン。今までとは全然違ったシャープなリフと厚みのあるリズム隊がなかなか愉しい。当分この路線で行くのかどうかは不明。

BIG.D&THE NUMBERS
最近、結構、目にするバンドでホーンが入っていたりするのでソウルっぽいバンドかなと思っていたら、のっけから「SOUL TRAIN」。おまけにバックをやられている方々は面識はないけどあちこちでチラチラお見かけする達者な方ばかりなので演奏は安定しているしグルーブもいい。'70年代ソウル・ナンバーで撃ち抜かれてしまった。

hojo-hand
ギターのカメ吉氏が'70年代と思しきGibson 335を使用されていたのはちと意外だったが、これを指で弾くと太い綺麗な音がしていていい。それにしてもいつもの様にハープ吹きまくり、ドラムも叩きまくり、それにいぶし銀のギター・ソロが絡む。いや上手い上に芸達者となれば嫌が上でも盛り上がる。このバンドを'06年に聴いていなければ、今のように自分がバンドを再開していたかどうかは怪しい。

三者三様の内容でかなり愉しめたのでその余韻は「兵隊屋@玉島」で醒ます予定が、店内の雰囲気にびびってそのまま店の前でUターン。これなら岡山でもう少し飲んで帰ればよかったというのは後の祭り。(^_^;)
[PR]
by agharta_u_design | 2012-10-15 13:05 | 音楽
b0159567_12135148.jpg
8月25日(土) 17:30~ @笠岡市白石島

毎年8月の最終土曜日に開催される花火大会&野外Live。出演させて頂けるようになって今年で3年目、気分的には随分前からこれがバンドの夏の風物詩的なイベントとして定着しており、行かないと夏が終わらない。いや、イベントが終わっても実際はまだまだ暑い日が続いて不愉快なのだが。(^_^;) それでも蝉の声が遠くになり、代わって秋の虫の音が聴こえてくるのは本当の話。

今年は二日酔いのまま当日を迎えてしまったのでどうなるかと心配したが、本番前には二日酔から酔っぱらいに見事に変身することができ頭痛も吐き気も収まったのは幸い。一瞬、5月の城山での悲劇が脳裏を掠めたが、いくつかのミストーンはあったものの無事に終えることができひと安心。また、女性ボーカル1人、男性ボーカル2人というスタイルは意外に受けが良くて、喜んでいただけたようでこちらもひと安心。

メインの花火大会なのだが、二日酔いから変身した酔っぱらいなのでことごとくシャッター・チャンスが合わない。デジカメも持参しているのになんでかiPhoneで撮り続けていたのかも不明。(笑) お陰で花火は楽しめたが手元に残る画像はこんな程度という情けなさ。情けないといえば初めて経験する三日酔い、なかなか強力で夕方までビールが飲めなかった。(。。)☆\バキ

主催者、関係者の皆様、今年もお世話になり有難う御座いました。来年も宜しくお願い致します。m(_ _)m

禁手乱発!Br. Set List
01.A Whiter Shade of Pale
02.Little wing
03.Early in the Morning
04.The Thrill Is Gone
05.Move over
06.Tell the Truth
[PR]
by agharta_u_design | 2012-08-29 12:38 | 音楽
b0159567_11365623.jpg
'12年7月21日(土) 20:30~ コマンド@岡山

ザリーとクララwith藤原和泉
FaceBookでちょっとした動画なんぞは見ていたけど、生で見るのは今回が初めて。お二人でバンジョー、テーナー・ギター、マンドリンを駆使してオールド・スタイルのカントリーっぽくもあり少しジャズっぽい感じの演奏。この時代の音楽をレコードで聞くのは好きじゃ無いけど、こうやって生で聞くのはむしろ好き。ボーカルの藤原和泉さん、偶然にも何年か前の春の少琴寺でお聞きしたことがあったのだが、あの当時とは比べ物にならないくらい上手になっているのには驚き。このトリオのスタイルでもっと聴いてみたいと思ってしまった。

なにわのてつ
笠岡の萌で中川イサト師匠、三井ぱんと大村はんの助っ人として何度か拝見したことがある。萌ではウォッシュ・ボードなんてものもされていたので完璧なイロモノだと思っていたが、どうしてどうして有山さん似の上手なギターを弾かれるし、ボーカルもなかなか上手いのでかえって驚き。MCも恐ろしく面白い、さすが関西出身!と感心していたのも束の間、中盤以降はデイープ・パープルやツェペリンの名曲をアコギの弾き語りでやりだした辺から完璧なイロモノ。(笑) 会場は大爆笑の渦! いや、上手いからこそこういう茶化したことをされても笑いが取れるのだろう、いや、大満足。(^_^)

前回の「戦前ブルース音源研究所出張公演」といい、今回の物といい、実に好みにすっぽりハマった企画で大満足。惜しむらくは電車で来られている方のことも配慮して、終電に間に合う時間で一度演奏を切ってくれれば帰りやすいかも。まだ演奏が続いている中を帰っていくのはさぞ後髪が曳かれるような思いじゃなかろうかと思う。えぇ、わたしゃ運転手をキープしているので大丈夫なんですが。(^_^;)
[PR]
by agharta_u_design | 2012-07-23 12:02 | 音楽
b0159567_11533338.jpg
'12年6月2日(土) 21:00~ 菊地 明 Live Coffee & Bar COMMAND@岡山

戦前のブルースは好きじゃない。と書いてしまうと語弊があるが、唯一手元にあるRobert JohnsonのCDもBlind Lemon JeffersonのCDもノイズが凄すぎてちょっと聴きづらいというのが正直な感想か。おまけに妙に声が高かったりして違和感を感じてしまう。本当にこの人たちはこんなに甲高い声をしていたのか?と思わずにはいられない。だからこそこの時代のブルースを真面目に一度聴いてみたいと思い出掛けることにした。

菊地 明氏はArthur "Blind" Blakeの研究家としても世界的に有名な方らしく、前半戦はその曲を演奏されたのだが、独特なベースラインの弾き方、シンコペーションの付け方が実に印象的。初めて観て聴くギタースタイルは圧巻でいつの間にか演奏に惹きづり込まれていた。それにしてもこんなギターをArthur "Blind" Blakeに成り切る為に目をつぶったまま弾くのだから凄い!(笑)

やはりこの手の音楽をするには30年代のギターを使うだけではなく、そのギターに張る弦もその年代の物を使用しなければならないらしい。勿論、レコーディングする際にはマイクも当時の物を探し出してきて録音されるそう。なんて面白い冗談なんだろと笑いながら聞いていたら、冗談ではなかった。(笑) 幕間に少しお話しをさせて頂いていたら、現代の物ではあるが日本国内では販売されていないBlack Diamondの.013の弦を頂いてしまった・・・神棚に奉って日々拝めば私のギターももう少しは上手くなるかもしれない。(。。)☆\バキ
[PR]
by agharta_u_design | 2012-06-05 12:22 | 音楽
b0159567_11223779.jpg
05月18日(金) 20:00~22:00 カフェド萌@笠岡

5月5日の城山Liveの傷心が癒えぬまま次のLiveに突入、正直、ちゃんとギターが弾けるのかどうかドキドキハラハラしたままのスタートはいつ以来だろう。せめて最終のリハでちゃんとギターが弾けているところが確認出来ていればこんなことも無かったんだろうけど、録音ミスでそれも叶わなかったのは結構辛い。その動揺を抑える為にも日本酒を飲む。(。。)☆\バキ

ということで、演奏はスタートしたのだがやはり気持ちが落ち着かない。(笑) 落ち着かないので今度はビールを飲む。(。。)☆\バキ 結局、スタートから3曲目が終わった頃から開き直れたのか、酔いが回ったのか判らないが落ち着いて弾けだしたのでひと安心。二本目のビールを飲み始めた頃からはギターを弾いているのが楽しくなったのでやっぱり酔いが回っていたのかも知れない。(。。)☆\バキ

ちゅうことで、3ヶ月振りの萌でのLiveを無事に終了出来たのことに安堵する。お出で頂いた皆様、萌のせっちゃん、快く対バンを引き受けてくれたエスカルゴの皆さん、本当に有り難う御座いました。m(_ _)m 次回の萌でのLiveは8月5日(日)、岡山のLive Houseを片っ端から出まくっている「クロヒデ」と対バンさせて頂きます。禁手はともかく「クロヒデ」は観る価値あり!です、お楽しみにどうぞ。(^_^)
[PR]
by agharta_u_design | 2012-05-22 11:54 | 音楽

城山野外Live

b0159567_1144287.jpg
05月05日(土) 12:00~17:00 笠岡古城山公園

ちょっと調べてみたら、前回出演させて頂いたのは'09年だったので実に3年振りの出演。というか、正確には3年振りの開催。なんで2年間開催されなかったのかは不明だが、多分、「やろう!」という言い出しっぺが居なかったんじゃ無かろうか。今回は友人でもある後輩がその言い出しっぺに手を上げてくれたようで無事に開催。やはり野外Liveはこの時期に限る!(^_^;)

当日は素晴らしい晴天でまさに五月晴れ、風も陽の光も実に心地よくて気分は最高。サクッと演奏が済んだら目一杯飲む気満々だったのだが、我が禁手乱発!Brの出番はラス前の16:00頃とのこと。なんでわしらごときがそんな出演順なのかと抗議したら、古株のバンドの皆様もわしらと同じ魂胆だった模様で他が繰り上がった分、わしらが繰り下がったそう。逆らえんわな。(;´д⊂

それにしてもいくらアルコールをセーブしても四時間待ちでは酔うな、おまけにLive前の喫食はかなり軽めに摂るようにしているのでそれも酔いの回りに拍車を掛けた。反省も込めて恐る恐る録音を聴き直してみたが、ソロの音が恐ろしいほど大きい上に指がもつれている、それも予想以上に・・・_| ̄|○ やってしもうた感が全身を突き抜ける・・・今週のリハからリハ開始四時間前から飲み始めて来年に備えます。(。。)☆\バキ

出演バンド:ダイス、エスカルゴ、チャンプルー、トン、近藤・中藤、キングハーベストハウスバンド、曜山、禁手乱発Br、沖本建造(敬称略 出演順)

お出で頂いた皆様、スタッフの皆様、有り難う御座いました。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2012-05-08 21:46 | 音楽