建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:A様邸増築工事( 12 )

楽器搬入♪

b0159567_12582933.jpg
壁に掛けられているのはほんの一部。(笑)
楽器がケースから出されて飾られていると、やっと建物に命が吹き込まれたような気になり、なかなか嬉しいものである。壁に飾れないものは床にスタンドで立てられて飾られている。これで室温25度、湿度50~60%で保管されれば楽器にとってはこれほどいい環境はないだろう。同じ楽器をしている者としては本当に羨ましい環境である。
楽器と一緒で喜んで貰えない建物、使って貰えない建物というのは寂しいものである。この先も楽器と同じようにこの建物が末永く愛され、利用して頂けることを願うばかりである。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-10-01 13:10 | A様邸増築工事

完成・・・多分。(^_^;)

b0159567_12363131.jpg
取り敢えず完成。
細かい手直し、補修、設備工事を残しているが概ね完了。全面道路との敷地高低差がほぼ3M程度あるうえ、人が通るのには充分だが、工事用機材等を運搬するには手狭な階段等、工事を進行していくうえではなかなか条件が悪くて施工にはかなり苦労したと思う。この苦労をおもんばかるとなかなか監理の目が緩くなってしまいそうなので、敢えて心を鬼にして無理難題もお願いした。(^_^;)
予算が少ないなか工事を請け負って頂けた工務店、炎天下の中で型枠、配筋作業を辛抱強くやって頂けた全ての職人さんがあってこその完成だと思う。規模こそは小さいながらも質の高い建築物を創造することが出来たことに心より感謝したい。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-09-17 12:52 | A様邸増築工事

外構工事

b0159567_12135525.jpg
犬走
母屋と増築建物の間のスペースを土のまま残していても雨で両方の建物が汚れるだけだろうからコンクリート打ちを施工。増築建物とのジョイント部分は将来的にクラックが必ず入るであろうから、目地取りをしてコーキングを打つことにする。
最終的な仕上げとしては合成樹脂製の塗り床材を施工して完了。これにより埃等を防ぐことが出来き、洗濯物等を汚す恐れもなくなる。やっと完成が見えてきた。(笑)
ちなみに「犬走」の語源、「人間が通るのには狭いが犬が走るには充分な路地」ということから転じているらしく、家の廻りを取り囲む600~900ミリ程度のコンクリートやタイル張りされた部分を指すようになったらしい。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-09-09 12:29 | A様邸増築工事

内装工事

b0159567_1263618.jpg
開口部へサッシュ枠の取り付けを行ったら最終のボード貼りも完了。後は各ボードの目地を寒冷紗パテしごき、クロス貼り、設備を取り付けたら内装完了。まぁ、簡単に書けばこんな段取りなのだが、実際は増築ということで余りにも規模が小さい為、各工程が半日、1日刻みで進むので内容の割りには結構時間が掛かった。(^_^;)
しかし、ここまで来たら外部での建築工事は無いので外構工事に着手して欲しいのだが、なかなか始まらない。(笑) 急ぐ工事というわけじゃないが、段取りが悪くて遊んでいる工程があるとちょっとイライラしてしまう。(^_^;) 
元請けをして頂いている工務店と打ち合わせをして、内装仕上工事と平行して外構工事、屋根スラブの防水工事をして頂けるように交渉。さて、どうなることやら。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-09-04 12:17 | A様邸増築工事

内装工事

b0159567_12345434.jpg
内装工事の下地組に突入。
吹付の断熱材を施工しているので(湿度の心配はないので)木軸組下地でも構わないのだが、念の為に軽量鉄骨であるLGS下地を選択。まぁ、これでカビによる劣化は心配しなくてもいいだろう。基本的にはプラスター・ボードと呼ばれる「石膏ボード」を張り付けるのだが、エアコン等の設備の取り付け位置、楽器をハンギングする壁にはコンパネを貼り分けるようにした。目地は全て寒冷紗パテしごきを指示し、クロスを張り付けた後も下地の目地が表面に出ないように注意した。
既に断熱は吹付ウレタンで終了しているのだが、クライアント様の要望で天井、壁面にグラスウール・マットを施工。これは断熱というよりはむしろ吸音を目的とした物。仕上げ壁と躯体壁の間での音の振動を押さえるという発想。無いよりはましだろうが、効果は懐疑的。(^_^;) 但し、費用的にそれほど高価じゃないので施工するのはやぶさかじゃないと思う。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-08-25 12:59 | A様邸増築工事

断熱工事

b0159567_1272632.jpg
吹付ウレタンフォームA3種
上画像:Befor(RC躯体)
下画像:After(吹付完了)
RCは絶えず表面から湿気を吐き出しているし、外内部温度差でRC表面が容易に結露してカビが発生することは確実。断熱材はRC表面に直接吹き付ける物をチョイスするようにしている。
ただこれとて個人的な感想としては、RCとウレタンフォームの接着面がどのようになっているのか気になる。検証されていないので何ともいえないので、よりベターな選択肢といったところか。但し、この施工法で今までクレームがないのも事実。
まぁ、そんな事を言い出せば今流行の「高気密高断熱」で採用される気密シート表面とか外断熱材表面はどうなるという話にもなりかねない。(笑)
さて次はいよいよ内装工事の始まりである。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-08-18 12:30 | A様邸増築工事

躯体工事

b0159567_17171073.jpg
RC補修中
型枠、支保工全て撤去完了。全てが現場での手作業で行われるコンクリート造、いくら細心の注意をはらおうが丁寧に作業しようが、いわゆる「ジャンカ」というコンクリートが行き渡っていない箇所が出てくるのは仕方ないこと。これは一部上場ゼネコンの施工であろうと町の工務店の施工であろうと同じ事。問題はそれをどのように補修して仕上げてやるか。
基本的にはモルタルを充填して仕上げるのだが、ただそれだけでは補修の後が目立ってとても見難くなってしまう。そこで補修した部分を周辺のコンクリートの色に合わせて塗装していく。この細かい作業を繰り返していくと画像のような目立たなくなる。
この後下地処理をして最終工程のクリアー塗装(つや消し)で躯体工事は完了。屋根スラブの防水処理はまた後日。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2009-08-05 17:34 | A様邸増築工事

躯体工事

b0159567_1259168.jpg
無事に屋根スラブの型枠、支保工も完了。
屋根スラブの配筋検査、型枠の検査も無事に終了してコンクリート打設開始。建築物としてはかなり小さいのだが、それでもコンクリート打設となるとその規模に関わらず人手は当たり前に要る。こういう作業風景を見ていると無機質なはずのRC造の建築物が、ひどく人間くさい手作り感溢れる建築物に思えてしまう。
壁面の型枠は打設後3日で解体指示、屋根スラブに関してはテストピースの破壊検査で強度を確認の上解体時期を協議することにした。ただ、今回のようにスラブ上で次の作業がない平家の場合は結構、大目に見てもいいと思う。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-07-29 13:16 | A様邸増築工事

躯体工事

b0159567_13515189.jpg
壁配筋及び型枠工事
着工後暫くはさほど雨も降らず順調に工事は進んでいたのだが、ここに来て雨で進捗状況が思わしくない。まぁ、配筋、型枠工事は雨が降っていても施工にあまり関係ないけど、やはり作業をされる職人さんとしては雨中での作業は急ぎでもなければしたくはないだろう。まぁ、それが人情か。(^_^;)
取り敢えず壁の型枠だけでも全て起きれば、クライアント様にも全体の雰囲気を理解して頂けるだろう。急ぐ現場じゃないので事故や怪我がないように整理整頓、掃除だけは心掛けて欲しい。
[PR]
by agharta_u_design | 2009-07-21 14:01 | A様邸増築工事

基礎工事

b0159567_1365866.jpg
配筋完了、コンクリート打設。
地中梁、床スラブの配筋ピッチ、定着長さ、型枠と鉄筋の空き寸法等を検査、写真撮影後にコンクリート打設を許可。
RC造というと無機質に感じられる方が多いだろうが、実は躯体が出来上がるまでには多くの人の手作業無くしては成り立たない建物である。職人さんが現場で鉄筋を組み、型枠を起し、そして多くの人間の力を合わせてコンクリートを打つ。少なくともこの工程が完了するまでは、既製品のパーツなどひとつも存在し無い。ある意味、一番人間くさい構造だと思う。
こうやって日々の進捗状況を眺めていらっしゃるクライアント様の心境はいかがだろうか、完成を楽しみに待って頂けていれば幸いである。m(_ _)m
[PR]
by agharta_u_design | 2009-07-06 13:47 | A様邸増築工事