建築デザインと日々徒然


by agharta_u_design
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

G.G.C

b0159567_1618397.jpg
ドイツ・パブG.G.C@岡山
古びた扉を開けると2階の客席へと上る階段がいきなり飛び込んでくる。今まで何度かこの扉をくぐったことはあったが、いつも満席で座席に座れたことはなかった。今回は日曜日の早い時間と言うこともあり、客は私たちだけであった。どうやらお店はもう30年以上前から当時の内装のまま現在まで営業を続けているそう。店名の「G.G.C」というのは「グレート・ジャーマン・クック」の頭文字らしい。
取り敢えず喉が渇いていたので適当にピルスナー系のビールを1本注文して、ソーセージ5種、ジャーマン・ポテト、スぺーリブと注文して頂く。茹でられたソーセージは確かに見事にまで味わいの違う5本が出されており感激した。普段、ソーセージにそれほど拘り無く過ごしているのでこれが文化の違いかと思わざるえない、というのは大袈裟か。(笑)
喉が潤ったところで燻製ビール「シュルンケルラ・ラオホ」というのを注文。何がどう薫製されているの判らないが黒ビールのしっかりとした深い味わいに、若干のスモーク臭が加わったような仕上がりで、じっくりと味わいながら飲むというのにぴったりのビールで気に入った。1,100円と高価だが、実際には2杯分程度の量があるので2人で飲むのもいいだろう。

「ドイツパブ G.G.C.」
住所:岡山市表町3-6-21 2F
電話:086-233-5865
営業:月~木 17:00~24:00 金・土・祝前日17:00~26:00
[PR]
by agharta_u_design | 2009-05-04 16:38 | 食物